他商材なら訴訟?トレジャーリサーチの返金対応が素晴らしい!

公開日: 

悪徳な詐欺商材での訴訟は返金のチャンスだが…

皆さんは一度は情報商材に興味を持ったことがあるのではないでしょうか?

「〇〇するだけで簡単にお金稼ぎ!」や「異性にモテるためのマル秘テクニック」など、魅力的な文言が並びます。

しっかりと成果が出るものも当然ありますが、残念ながら多くの物はその信憑性に欠き、高額を支払ったものの期待した成果が得られなかった、という話は尽きません。

成果が上がらなかったときに泣き寝入りしてしまう人もいますが、訴訟を起こすことで返金されるケースがあります。

特に業者側の販売方法や商材の内容などに悪質な部分や違法な部分などがある場合、返金される金額が上がる可能性もあります。被害者グループとして集団訴訟を起こしたケースなどもまれにニュースで耳にします。

しかし、訴訟を起こしても返金されないケースもあります。業者側に違法性が認められない場合、業者が倒産や不渡りを出してしまっている場合など、訴訟を起こしても返金が保証されているわけではありません。それどころか、訴訟費用や弁護士を頼んだら、その分の費用などが余計にかさんでしまう場合もあります。

また狡猾な業者では裁判になることをある程度想定した上で、いざというときの抜け道・逃げ道を作っているところもあります。いずれにしろ、返金までのプロセスは簡単なものではありません。

トレジャーリサーチの返金対応がなぜ話題に?

その点で注目を浴びているのが「トレジャーリサーチ」の返金対応です。

トレジャーリサーチは副業ビジネスを扱った商材のひとつなのですが、まず効果が出なかったときの「返金保証」を設け、1カ月以内に1円も稼げなかった場合は返金という対応を取っています。

「返金対応」を取るところは他にもありますが、そのスパンを1カ月に設定しているところは見たことがありません。アフィリエイトなど長い時間をかけて熟成させるビジネスが多い中、短期間で成果を上げさせるという効果を謳っているわけでもあります。

それだけではなく、仕事や家庭の都合など利用者の事情によって辞めざるを得なくなった場合でも返金する場合がある、ということなのです。

もちろん全てのケースに対応したり満額が返ってくるわけではないでしょうが、その姿勢はとても情報商材を扱う企業のそれには思えませんし、働く立場からも後ろ盾がある気分で取り組めます。

利用者の声では、訴訟などをせずとも担当者や窓口と相談するだけで返金につながったというものもありました。もちろんしっかり稼げることが望ましいのですが、万が一というときでも安心して働けるというのは利用者からしたらとてもありがたいものですよね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑