初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)は詐欺なの?ちゃんと調べてみた!!

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)のどこが詐欺と言われているのか?徹底検証!!

巷で話題の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)は詐欺だの、稼げないだの言われているようです。
実は初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)が詐欺だと言われている理由を調べると意外な理由が見つかりました。

今回は初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)が詐欺だと言われているワケを徹底的にしらべました!

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の事務所はバーチャルオフィス?!

調べてみると初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)のオフィスはバーチャルオフィスだという事がわかりました。
実はこれ私も調べてみるまで知らなかったんです。だから知った時は「えっ?!そうなの??」という感じでした。

多くの方がバーチャルオフィスという言葉になじみが無いでしょう。私もそうでした。
初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)が詐欺だと言っている人達はバーチャルオフィス=詐欺だ!

という言い方をしています。確かに、過去にはバーチャルオフィスを悪用する企業もあったようですが、きちんとルールを守って使えばこれほど便利なものは無いです。
バーチャルオフィスについて調べてみるとまた新しい情報を得る事が出来ました。バーチャルオフィスにはいくつかのメリットがあります。

1つ目は料金が安いという点です。実は起業すると会社の情報として事務所や会社の住所を提出しなくてはいけないのですがこれが結構お金がかかる事のようです。
場所と広さにもよりますがどんなに安くても月で支払う金額は50~60万円以上かかりますし、最初の手続きで100万以上かかるのが普通でしょう。

当然敷金礼金がかかるところもあります。またそこから人件費、光熱費、管理費、社内で使う物を購入するための雑費で250万円位はかかるでしょうね。
この金額はかなり安めに見積もっているのでもっとかかるところもあるでしょう。事務所を借りるというのは非常にお金がかかる事なんです。

それをバーチャルオフィスにすることで極端に低く出来ます。通常の10分の1位で出来るところもあるでしょう。
初期費用を抑えるために最近ではバーチャルオフィスを利用するところも多いそうです。また、業務開始をスピーディーに出来るという点もメリットです。

事務所が決まらないばかりに営業をはじめる事が出来ないという企業もあると聞いたことがあります。早く営業を開始したいという会社にも良いようです。
さらに、プライバシーを守る事が出来るしバーチャルオフィスによっては割引があるところもあるようです。

以上の点でバーチャルオフィスは需要のあるものと言う事がわかりました。それを考慮して考えると「確かにバーチャルオフィスでもしょうがないのかな~。」という気分になりました。
あとから初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)に話を聞いてみると「確かに、はじめた当時はお金が無く現実的な判断としてバーチャルオフィスを利用した。」という回答も頂けました。

個人的にモヤモヤは解消されました。しかし、まだまだ噂はあります。次は電子書籍についてです。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)が電子書籍でノウハウを販売するワケ

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)は電子書籍でノウハウを販売しています。
これは何故なんでしょうか?

かなり多くのアフィリエイターも電子書籍に良いイメージを持っていないようです。かなりエグイ批判の仕方をしています。
これに関してはおそらくアフィリエイター達が煽りたいだけだと思っています。私でもわかりますが、現在マニュアルやノウハウを電子化していないところの方が少ないです。

何らかのデメリットがある場合を除いてネットが主流の今、データを電子化して送るほうが賢いというのはわかるでしょう。
またこれには企業側と利用する側の両方にメリットがあります。マニュアルやノウハウが仮に紙なら相当なボリュームになるでしょう。

せっかく商品自体はネットを使う事で時間や場所を選ばず手軽に持ち運びが可能なのにノウハウが辞書4つ分位のボリュームだったらなんてかっこ悪い事なんだと思いませんか?
私はスマートに出来る電子書籍の方が便利だと思います。また、ノウハウを紙に印刷するのも費用がかかるのでデータで遅れた方が企業としてもコストカットになるため双方にメリットがあるんです。

もちろん電子書籍が完璧という事では無くデメリットもあります。実はこれに関してはアフィリエイターもつついてきていますが、返品が出来ない事です。
クーリングオフと言うやつですね。それが出来ないのが最大のデメリットでしょう。

クーリングオフは消費者を守るためのものなのでそれが出来ないから詐欺だ、インチキだという書き込みもネットでみます。
しかし、近年このクーリングオフによる企業被害も出ている事をご存じでしょうか?

日本人はマナーとかルールにうるさい人種なので数としてはあまり多くは無いと言いますが、それでもクーリングオフを悪用する人もいます。
アメリカでは洋服を買ってそれを来て出かけた翌日にクーリングオフで返品なんて事もあるそうです。一度使った服なのでまた販売するのは難しいでしょうし、それを何度もやる常習犯も中にはいるそうです。

企業にとっては非常に大きな損害になりかねません。クーリングオフは消費者を守るためにあるのであって企業が損をして良いものでは無いんです。
実は電子書籍の場合、一度納品してしまうとどこまで使用してどこまでが不使用なのかわかりません。ただ、ノウハウだけコピーして返金されるとタダで使用するのと同じです。

そのため初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)はクーリングオフが出来ないのです。これをつついてくるのは正直おかしいです。
そんなことで詐欺と決めつけられるのは非常に遺憾ではありますが、初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)もしょうがないと考えているようです。

いちユーザーとしても何か解決策を練ってほしいところではあります。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)は収益が出るまでに個人差がある

どのような事でも個人差というものはあります。環境、育ち、風習、ポテンシャル、経験によってもだいぶ個人差は出てしまいます。
だから、それを武器にして稼ぐのが一般的な収入の得方です。初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)はそれを限り無く平等にして誰でも稼げるように作り上げたネットビジネスです。

しかしながら当然個人差があり収益が出るまでのスピードが早い人、ゆっくりな人といます。そのため収入を得るためには続けるという事が大切です。
収益が出る前に辞めてしまうのが一番もったいないと思います。それまでの時間や労力は全て無駄になってしまいます。ネットで稼げなかった!詐欺にあったという人のほとんどがこのケースだと私は考えています。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を最大限利用すれば必ず収益は出るんです。その前に辞めてしまうから結果が出ないのではないでしょうか?
この考えには当然主観的なところもありますが、常識の範囲で言っている事は理解出来るでしょう。

もう駄目だ、他のビジネスをやろうと思ったのならそっちに切り替えることも決して悪い事では無いですが、そこで使ったお金と時間はもう返ってこないです。
ネットビジネスをやる際はそれなりに覚悟を持った方がイイです。中途半端にやると途中で心が折れて辞めてしまうのがオチです。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)もそうです。やると決めたらやり抜く気持ではじめましょう。でなければ、あなたは一生泥沼から抜け出せない人生を送ることになるでしょう。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を調べてみてわかった事

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を調べていてわかった事があります。それは、ネットビジネスで成功するかどうかは優秀なノウハウと継続できるかにかかっているという事です。
いくら優秀なノウハウや質の高い教材があっても実践方を間違えるとうまくいくものもうまくいきません。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)ではそれを防止するためにマニュアルを作成したり、便利なツールを提供しています。
しかし、それを守らなかったり手順通りこなさなければどんな事もうまくいきません。まずはマニュアル、手順通りやる事を考えましょう。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)できちんと稼げている人もいますし、何故か稼げていない人もいるようですが確実なのは自分がこれ稼げそう!
と判断したものは大抵合ってます。人間は無意識に自分に向いているものを選択する特徴があります。そこに欲や願望が入ってくるとまた話は違いますが、これは科学的にもデータのとれている現象です。

一般的には「引き寄せの法則」と言ったりします。ただ、この「引き寄せの法則」は魔法では無いのでそれだけはわかっておいてほしいです。
そうった現状もあるくらいの認識でいてください。話が少しズレましたが、自分が納得する、納得できるものを選ぶのがいいです。

私は初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)が合っていましたが中には「自分には合わない」という人もいるでしょう。そう思ったならお勧めできません。
初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を改めて調べると以上の事がわかりました。もし、自分に合うと思ったらやってみるのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ